プロフィール

グローバル豊中

Author:グローバル豊中
グローバル豊中は「私の街の語学スクール」として親しまれ、小さいお子様から学生、ビジネスマン、主婦、退職後の方々まで、たくさんの方がアットホームな雰囲気の中で学んでいます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

質疑応答での文の稼ぎ方

2023年度第3回英検の1次試験結果が出ています。
2次面接に進まれる方は、ぜひグローバル豊中の『英検2次面接対策オンラインレッスン』をご利用ください。

さて、英検面接で最も厄介なのは、やはりカードを裏返してからの質疑応答ではないでしょうか。
この質疑応答では、級ごとに満点を取るために必要な文の数が決まっています。
3級では1文、準2級と2級では2文、準1級では3文です。

ライティングでは「理由を2つ」と指定されますが、面接では準2級以上でも意見を言った後で必ずしも理由を複数言う必要はありません。(というよりはスピーキングで瞬時に理由を2つ以上考えるのはなかなか難しいです。)
そうではなく、あくまで理由は1つでもそれを説明するための文を2つ、あるいは準1級では3つ言えばいいということです。

3級や準2級のNo4などは個人的なことを話せばいいのでそれほど苦労しないかもしれません。しかしそれ以外の社会的なテーマについての質問に対しては、とりあえず1文目を稼ぐテクニックがあります。しかもほとんどのテーマ、質問に対して有効です。グローバル豊中の『英検2次面接対策オンラインレッスン』では、このようなテクニックもお教えします。

ちなみに、英検2級でほとんどの受験者がちゃんと点数を取れない質問のパターンというのが存在します。それは、No3で出題される「~しすぎだという人もいますが、あなたはどう思いますか」という形式の質問です。英検協会のウェブサイトで紹介されているサンプル問題がまさにその形です↓

Some people say that parents today give too much freedom to their children. What do you think about that?
「今の時代、親は自分の子どもに自由を与えすぎていると言う人もいます。あなたはどう思いますか。」

このパターンの質問は、"I agree" と答えた場合は「与えすぎている」と言える根拠や具体例を、"I disagree"と答えた場合は「与えすぎてはいない」と言える根拠や具体例をいうことになります。
この場合は、自由を与えすぎていることが良いか悪いかを聞いているわけではないので、いきなり「自由を与えるとこんないいことがある」とか「自由を与えすぎてこんな悪影響がある」と言っても、理由の説明にはなりません。(もちろん2文目以降で追加的に言えば1文としてカウントしてもらえる可能性は高いですが…)

パッセージや絵、質疑応答など、すべてにおいて答えやすいものと答えにくいものが存在します。その中で運悪く1つくらい難しい問題が出ても、全体の対策をしっかりやっていれば必ず他の部分でカバーできます。そのためにも、必ずひと通り準備はしておくことが大切です。
スポンサーサイト



後半の質疑応答対策

英検面接ではカードを使った質問が終わった後、質疑応答があります。
2級~3級では2問、準1級では3問(それ以外にカードに関連する質問が1問)です。

カードを使った質問については、これまでにも書いてきたように準備段階で対策できることが多いです。というのも、カードに載っているパッセージや絵についてなので、自分で内容を考える必要がなく、あくまで与えられた内容を英語で表現したりするだけだからです。

しかし、後半の質疑応答は、英語の質問を聞き取って自分で応える内容を考え出す必要があります。つまり、英語力があってもうまく答えられないこともあるということです。

3級では2問とも簡単な内容の個人的な質問なので、言う内容に困るというよりは言いたいことをどう英語で表現するかが主な課題でしょう。しかし、準2級では1問、2級では2問、準1級では3問出題される「社会的なテーマについての質問」は自分の意見を客観的な理由で説明しなくてはならないので、賛成か反対が言えても理由がうまく説明できない人も多いです。

準備として様々なテーマについて自分の意見を持っておくのは大切ですが、2次面接対策だけのために、しかも短期間でそれをするのは無理です(というか非効率的です)。

ではどうすればよいのかというと、ある程度どんな質問をされても対応できるような答えの定型を準備しておくのです。なるべく文法ミスを防ぎ自分で考え出すオリジナル部分を極力少なくできるような定型文です。準2級や2級では質問内容にかかわらず毎回同じ流れの文を使うことができます。また、準1級になると少し応用は必要ですが、それでも因果関係を表す表現や3つの文の構成方法はほぼ毎回同じものが使えます。

ライティングにも言えることですが、質問内容に合わせて毎回違うことを表現しようとすると文法ミスが出たり内容が思いつかず答えられないという結果になりがちです。もちろん、英語力を伸ばして表現力を養うことは大切ですが、準備時間が限られた中で特定の試験に合格することを目標にする場合は、できるだけ毎回同じような表現で処理することが賢明です。そして、最終的にはその表現を自分のものにして、それが英語力になっていくものです。

どんなお題にでも対応できる力を身につけるには、グローバル豊中の『英検2次面接対策オンラインレッスン』へ

2023キッズクリスマスパーティー

昨日、プレスクールから小学6年までのクリスマスパーティを

豊中教会のホールを借りてしました。そのホールは愛光幼稚園の

課外の授業として英語教室に使わせてもらっています。教会は

クリスマス前で、玄関前にクリスマスツリーがあり、ホールも

クリスマスグッズで飾られていました。

土曜日の16時30分から18時までの間、子どもがはしゃぐ声が

ホール中に響きました。

子どもたちの出席者は48名、Santa,Reindeer, Snowmanの

チームに分かれ、ゲームをして点数を競いました。ゲームは

フォニックスとクリスマスにまつわるものの名前のカードを

川のように並べ、一つ一つ言いながらスピードを競います。

それぞれ、小さいお子さんには先生とスタッフが手助けを

と思ったのですが、周りの子どもたちが勝ちたい思いがあるので

一所懸命手助けしていました。あと2つのゲームも大騒ぎです。

以前のブログで英語だけでゲームといいましたが、やはりゲームの

説明では日本語も必要でした。「まあいいか」、いつも私は

この言葉に逃げるのです。それでも、子どもたちのエネルギーが

はじけたパーティができて、先生、スタッフも一緒に楽しむことがで

き、自画自賛ですが、本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。

残念ながら、バスケットと野球の試合が重なったり、塾のために

出席できなかった高学年の子どもたちには何ができるだろうかと今、

考え中です。

コロナ禍以降の変更点

2023年度第2回の試験も終わりましたね。
そこで今さらですが、面接時に多くの方(特に3級や準2級の受験者)が戸惑うシーンがありますので、そのことについて書いておきます。

面接本番で部屋に入った後であいさつとカードを渡して着席します。そこからのやり取りは次のような内容です。

面接委員:My name is ~. May I have your name, please?
受験者:My name is ~.
面接委員:Mr./Ms. ~, this is the Grade Pre2 test, OK?
受験者:OK.

そして次が問題のシーンです。

面接委員:Can you hear me clearly?
受験者:…(え、何のこと!?)

従来は名前と級の確認の後ですぐに "How are you today?"という質問があったのですが、コロナ禍以降はこの "Can you hear me clearly?"という質問が加わりました。面接委員がマスクをしているので、ちゃんと声が聞こえているかの確認なのですが、もうコロナ禍も終わった今になってもこの質問をされることを知らないまま本番に臨む方がほとんどです。残念ながら英検側から受験者に対してこの質問があるということについて積極的なお知らせをしていないようですね。英検協会のウェブサイトにある『バーチャル二次試験』でもこの質問は入っていないので、ちゃんと準備してきた人ほど想定外の質問をされて戸惑うのかもしれません。

そもそも「なぜ名前と級の確認までした後で声が聞こえているかどうかを確認するのか」という疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。級の確認まで支障なくできているということは、すでにちゃんと声が聞こえているはずなのです。一応英検協会の意図を推察すると、名前や級の確認までは決まり文句なので多少聞こえにくくても問題なくこなせますが、いざ英語の質問に移るとよりはっきりと聞こえなくては点数に響いてしまうのでは、という配慮と考えられます。

それにしても、2級の受験者ですら唐突にこの質問をされて、その意味を理解できるかはわかりません。ましてや3級や準2級の受験者はこの質問が聞き取れなかったということに動揺してしまってペースを乱されることもあるかもしれません。英検協会は面接会場の待機時間でもう少しこの"Can you hear me clearly?"について周知を徹底すべきだと思います。それが受験者の利益になるわけですから。

キッズクリスマスパーティに向けて

コロナ後、久しぶりにプレスクールから小学生クラスまでのグローバル豊中

キッズクリスマスパーティを12月に開くことになりました。この数年は

感染予防のために各クラス内で行っていました。それなりに子ども達は

楽しんでくれたのですが、部屋の大きさが限られているため体いっぱい

使ってゲームをすることは出来ませんでした。今回は、少し走りまわることの

出来る場所を借りましたので、自分たちのクラス以外のお友だちや先生と

一緒に素敵な時間をもってもらいたいと思います。グローバル豊中では

小学3年までは外国人講師が英語だけで教えていきます。耳が発達する

この時期、英語特有の発音、アクセント、イントネーションなどを身に

着けてもらいます。小学4年からは各クラスにバイリンガルの日本人講師も

加わり、文法、読解等を日本語、時には英語で教えます。80分間レッスンで

英語の4技能を伸ばしていくことを目標としています。

今回のクリスマスパーティも英語だけで進めていきたいと思います。

さて、どんなパーティになるか、私もワクワクしています。



≪前のページ≪   1ページ/8ページ   ≫次のページ≫